01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

海と夜空のマナソース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

セイレーンドライブ 三同系比較編+α 

昨晩に引き続きセイレーンドライブ関連記事

【比較編】です

今回比較対象にあげるのはここ最近巷でレシピがあがった三つのみ
この三つの形が現す異なる箇所の確認等だけ

【青黒t赤 セイレーンドライブ】Ver.Shena-1,5

PLAYER:雷鳥超

◆IGNITION
4 《レーザーサイス アヴィオール》
3 《悠奏クルティ》
3 《飛び越えるスプリンター》
2 《クロススナイパー シェアト》
4 《奏流フロート》 VB
2 《汚染機械インフェクト》 LR
2 《ミラージュダガー ベラトリクス》 LR

◆Z/X
1 《復讐の魔人ウルティオー》 ST
3 《深淵の凶刃フレイムコープス》
3 《打倒ゼノンを誓うアデル》
3 《修練生ノンノ》
2 《貫通機械ペネトレイト》
4 《突き刺す尖晶石スピネルペンギン》
2 《金字変形トライゴルド》
3 《魔王の繭キッド》
4 《牙の漁師イェーガー》
3 《剣帝神器サイクロトロン》
2 《滅獄竜デスティニーベイン》

【青黒t赤 セイレーンドライブ】Ver.水城コウ

PLAYER:雷鳥超

◆IGNITION … 20
4 《レーザーサイス アヴィオール》
2 《悠奏クルティ》
3 《嘆きの少女バンシー》
3 《クロススナイパー シェアト》
4 《奏流フロート》 VB
2 《汚染機械インフェクト》 LR
2 《ミラージュダガー ベラトリクス》 LR

◆Z/X … 29+1
1 《復讐の魔人ウルティオー》 ST
3 《深淵の凶刃フレイムコープス》
4 《打倒ゼノンを誓うアデル》
3 《修練生ノンノ》
3 《貫通機械ペネトレイト》
4 《突き刺す尖晶石スピネルペンギン》
3 《金字変形トライゴルド》
4 《牙の漁師イェーガー》
3 《剣帝神器サイクロトロン》
2 《滅獄竜デスティニーベイン》

【青黒t赤 アンフィニッシュドブルー(セイレーンドライブ)】Ver.赫

PLAYER:各務原あづみ

◆IGNITION … 20
4 《レーザーサイス アヴィオール》
1 《悠奏クルティ》
1 《花恋ウェイベル》
4 《クロススナイパー シェアト》
1 《奏流フロート》 VB
3 《命の回収者シュラハト》 VB
1 《汚染機械インフェクト》 LR
1 《ミラージュダガー ベラトリクス》 LR
2 《観覧合体プラセオジウム》 LR
2 《猫の恩返し》 

◆Z/X … 29+1
1 《復讐の魔人ウルティオー》 ST
3 《深淵の凶刃フレイムコープス》
3 《打倒ゼノンを誓うアデル》
3 《修練生ノンノ》
2 《ブレイブテンペスト クルサ》
2 《ソードスナイパーリゲル》
1 《鳴鼓ヴェイラ》
2 《オリジナルXIII Type.VII“Ju17Ca”》
4 《突き刺す尖晶石スピネルペンギン》
4 《牙の漁師イェーガー》
3 《寡黙な騎士クリミナルチェイン》
2 《滅獄竜デスティニーベイン》
という三タイプ
ここから見てわかる通り
2名同P指定、1名別というところで大きく分かれているように見えるが
だいたい動きは似たようなところで、結局のところ細かい部分がチラホラ違うだけだったりする

私のタイプのセイレーンドライブに視野を向けた状態からのお話しを進めると
コウさんのデッキタイプは元祖タイプで、元々のセイレーンドライブの型がこれとなる
若干の自由枠からアデルやノンノ、ペネトレイトの枚数を調整しているようだが
実際これが一番丸い気もする
コウさん曰くトップが弱いのを賄うための構築になっているためキッド、チェインなどといったカードの採用は
見送っているらしい
私からすると、トップの引きは死ぬほど悪いと感じたことがないのでキッドを採用した型となっています
そのキッドを採用するかしないかでも大きな違いはあるんですけどね
若干IGの良さを潰す面が出てしまうのでそこは本当に好みとしか言えません
ただし、シェアトの枚数だけは未だに考えものではあります
鰐の恩恵が一番大きいところ、どちらかというと鰐が揃わない人なのでシェアトは私のVerだと2固定となってます


そして一番気になるアンフィニッシュドブルーとの比較
このデッキとの違いはP指定を使ってでもアデルの動きを別コスト帯で行うことと
IGによる轢き殺し率が高まっている構築です
凄く雑な言い方をすると青イェーガーに一番近い型かもしれません
ただ相対的に見てデッキパワーが物凄く低いのと
Ⅶに頼り切ってるところが大きすぎます
その為のシュラハト、恩返し 同系統対策のプラセオジウムとなっています
私たち原盤のタイプだとIG帯から成るべく引いても弱くない物を採用しているので
シュラハトという選択肢から目をそらし続けていましたが
このカード、ある面を割り切ることで色々とおかしい動きが可能になります
Ⅶがあるからこそできる動きでもありますかね
当人は2C帯で攻めるのが好きという発言をしていたのもあるので納得です。


すごーく雑にまとめた結果こういう感じだと思っています。
なにか根本的な動きが違うのか?って言われると別段そうではないので
リゲルがあってもだいたいアデルとやってること変わらなかったり、マーメイドギミックを駆使したら似たようなことが
できるのもあるのでなんとも...と言った感じです
ただ得点力は若干左右があるかもしれませんね
好みで若干デッキの内容が変わるのは見ていても本当に面白いですし勉強になりました。


【オマケ】
ここまでの主な総戦績(イベント系)
7月公認 3-0
vs青難陀 ○
vsハンブレ ○
vsダンサーインフェクト ○

ホビスティックサーガ 4-2
vsバウンス型コンテスト ○
vsろくまふビート ○
vs青黒ビート ○
vsカーディナル難陀 × 敗因:LRVBLR
vs青黒ESウィニー × 敗因:アヴィ連打と盤面処理間に合わず
vs青緑黒中速 ○

綾瀬杯 1-3
vs青イェーガー × 敗因:LR ペンギンIG連打
vs白黒ESウィニー × 敗因:ラストLR
vs青黒t赤ハンデスマーメイド × 敗因:ラストLR
vs緑黒AFビート ○

8月公認 4-1
vs青単アサギウィニー ○
vs青黒緑フロンコントロール ○
vsバウンスマシャカ × 敗因:IG不発 初期ライプVB踏んでEnd
vs白青緑イノセント ○
vs青赤レンジビート ○

他フリー戦績5割超え
参考元
vsθ ○○×
vsθ(別) ○×
vsダンサーインフェクト ○○×
etc...

次の更新記事は候補パーツあたりを書こうと思います。

See you
スポンサーサイト
2014/08/05 Tue. 02:51 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://vanguardfightershena.blog.fc2.com/tb.php/249-9002d2cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。