07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

海と夜空のマナソース

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

セイレーンドライブについて 

握り初めて2カ月、シェナオフから握り続けてたびたび名前を聞いた方々が使い方やどういう構築なのか気になるという声を多く聞くのに加えて、大きな区切りである綾瀬杯が終わったので記事に

綾瀬杯レポに続いて書くので綾瀬杯の戦績と照らし合わせると なんだこれ?ってなる面が多いかもしれませんね。

プレイングについてはとても幅が広いと思うので構築内のカード紹介に加えてチマチマ書くようにします。
細かくこういった動きどうするの?は実際に動かしてみるか直接聞いて下さった方が早いかもしれません


【青黒t赤 セイレーンドライブ】Ver.Shena

PLAYER:雷鳥超

◆IGNITION
4 《レーザーサイス アヴィオール》
3 《悠奏クルティ》
3 《飛び越えるスプリンター》
2 《クロススナイパー シェアト》
4 《奏流フロート》 VB
2 《汚染機械インフェクト》 LR
2 《ミラージュダガー ベラトリクス》 LR

◆Z/X
1 《復讐の魔人ウルティオー》 ST
3 《深淵の凶刃フレイムコープス》
3 《打倒ゼノンを誓うアデル》
3 《修練生ノンノ》
2 《貫通機械ペネトレイト》
4 《突き刺す尖晶石スピネルペンギン》
2 《金字変形トライゴルド》
3 《魔王の繭キッド》
4 《牙の漁師イェーガー》
3 《剣帝神器サイクロトロン》
2 《滅獄竜デスティニーベイン》

元々の基盤構成についてですが
まず出てきたデッキタイプは【百式】、【ダンサーインフェクト】、【青イェーガー】で
この二つのタイプからこのデッキが完成した感じがとてもあります
実際参考にしているところがとても多いですね

【百式】からは大本の基盤となるマーメイドギミックを多く
湘南CSの際の動画を見て動きに感動した構築主が目を付けギミックを取り入れました

【ダンサーインフェクト】から取り入れたのはインフェクトの可能性です
元々青イェーガーはベラト+αみたいなところがありますしベラトのままだったりもしました
そこにインフェクトを入れて連パンもしくはCIP応用ってところでした。

そこからこのデッキが生まれたわけですね
単純に【青イェーガー】としての限界を迎えたのもあったのでまぁ妥当かなって感じはします
命名したのは【水城コウ】さんですしデッキ構築も元々の基盤を作ったのはコウさんです
頭があがりませんね

では大雑把に細かなパーツの解説を
《レーザーサイス アヴィオール》
【青イェーガー】からの派生、多分ここについての説明はないくらいほぼあって当たり前のカード
ここを取られたら息できなさそうなくらい偉いカードですね
チャージ差も付く上に一方的にバウンスできるのが本当に強い

《悠奏クルティ》
マーメイドバニラ枠
3枚あるのは色バニラ3:3であわせるところ
この3枚がまたとても偉い上に盤面にノンノがいる時大仕事してくれる
2面移動できるのはとてもとても優秀

《飛び越えるスプリンター》
黒枠のバニラ
色調整用、バニラという時点で偉いので偉大でした
AFさし変え枠でも可かな
まず現状では難しそう

《奏流フロート》
このデッキから抜いたらほぼ機能停止するといってもいいかもしれない重要なカード
マウント状態からでも点数源になるので実質1ターン4点キルとかも可能です
一番脳汁出るのはフロートフロートフロートですがそうそうないですね
トラッシュ回収しても優秀です

《汚染機械インフェクト》
【ダンサーインフェクト】を見て盗んだ良いところ
未だに使ってる当人二人ですら可能性のカードと言い続けているカードで
勝ち筋を構成する上で時々考えていることを凌駕するくらい選択肢の幅がでかい
また、ペネトレイトの回収とかにもとても便利

《ミラージュダガー ベラトリクス》 
未来を物理的に予知するカード、【青イェーガー】から引き継がれしカードですね
私バージョンのデッキとなるとこのカードが非常に重要になります
端においても腐ることがないのでとっても便利

《復讐の魔人ウルティオー》
スタートはこれしかないかな感が凄いくらい重要視されてます
リソ回収から細かいパーツまでなんでもござれ
なので一枚目VB踏んだ時のケアが非常にきついくらい重要
時たま捲りにすら使われキッドにすら使われるくらいですが
無茶苦茶強いです

《深淵の凶刃フレイムコープス》
イェーガーの恩恵を一直線に受けているカード
ハジェス、ベイン、イレブン、マナスヴィン、等を除けばだいたい鰐込々で喰い殺せてしまう異端児
アーサーやキッドを相手がPSにドヤ顔でたてても難なく食えてしまう恐ろしいカードですね

《打倒ゼノンを誓うアデル》
このデッキで可能性を生み続けたカード
先2からの暴力が凄まじく
生き残れば生き残るほどフロートやノンノでの猛威が凄まじい
ノンノ込々であればやってることは∞レンジと変わらないです
特に4Cでこの動きができてしまうのが本当に参ってしまうくらい強い

《修練生ノンノ》
一番の柱と言ってもおかしくないマーメイドギミック
疑似どこでもドアなので空いてればどこでも移動できてしまう素敵仕様
どの生き物でも連パンという概念に変えてしまう
端っこに下がった生き物でさえパンチャーにしてくれるので弱いわけがなく
中央に置かれた障害物を横にどけたりもできます
コントロール系のデッキで端篭りとかもされますが引き摺り出せるのも大きいですね

《貫通機械ペネトレイト》
盤面を物理的にこじ開ける
現状このカードを止めれるカードが単体でないので暴れ放題
追加一点が普通にとれるようになるのが大きい
NSに人権なんかない

《突き刺す尖晶石スピネルペンギン》
《牙の漁師イェーガー》
【青イェーガー】から引き継ぎしリソリン
速さと恩恵を求めるならこれに限る、今では恩恵先が少ないながらも
最速からどんなに遅いペンギンでもだいたいアドが取れてしまうのが力強い
揃わない時のためのギミックを多く積みこんでいるので手出ししてもそこまで弱くはなかったりする

《金字変形トライゴルド》
気付いていたらなぜか入っていた
打点の査定がそこそこに良いので普通に殴りにもいけるのと
割と色事故が多い時に素直にリソへ置けるカードでもある
IG効率を上げる上でも重要で
キッド採用しているためあるなしだと便利さが格段に違う

《魔王の繭キッド》
とんでもフリーカード
なぜ起動効果なのか未だに疑問を抱く程に強い
ウィニーに対してここまで繋がればほぼ次のターンベイン等に繋がるっていっても過言ではないレベルのカード
ただ守り方面で使うのは少なく、だいたいは攻め手に使われる
このカードが元祖デッキとの違いで入っているか入っていないかで分けられると思う
因みにこのカードに中毒を起こしてるのでよくある勝ち筋の一つがこれになってます
キッドフロートマジ強い

《剣帝神器サイクロトロン》
対象取られないis神
割と面倒なタイプのイノセントや突然のペネトレイト等をメタるのに最適なカード
個人的にはこのデッキにはこのPSがベストかなと思ってます
10500あるのが本当に偉くて涙でる

《滅獄竜デスティニーベイン》
いつでも相棒ベイン
鰐の恩恵を微妙に受けていて気付かない間に盤面吹き飛ばしが行えるようになってるのが
本当に最近多い、攻めにも使えて守りにも使えるから本当便利
9500あるのも地味に偉い
言ってもこのデッキだと攻めに使う方が圧倒的に多い
中コスト帯で埋めるデッキに対しては割と猛威だったりする


そのほかにも語りたいこと沢山
ここまで握ってきて細かい戦績やら
候補カード
他二人のセイレーンドライブとの比較はまた別途記事にて

See you
スポンサーサイト
2014/08/04 Mon. 01:49 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://vanguardfightershena.blog.fc2.com/tb.php/248-72d33ef1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。