FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

海と夜空のマナソース

7/16 今日のカード 

7/16分 今日のカード

障壁の星輝兵_プロメチウム

障壁の星輝兵 プロメチウム

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
リンクジョーカー - サイバロイド パワー6000 / シールド0 / ☆1
【永】:守護者(守護者はデッキに4枚までしか入れることができない)
【自】:[あなたの手札から《リンクジョーカー》を1枚選び、捨てる] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのアタックされている《リンクジョーカー》を1枚選び、そのバトル中、そのユニットは、ヒットされない。

ユニット設定
侵略者“リンクジョーカー”の先兵「星輝兵」。 ここ数百年の間に製造された比較的新しいタイプのサイバロイドで、人間の外観的特徴を最も多く受け継いだ世代の兵士。 限定条件下ではあるものの、空間に干渉するシールドを作り出し、一方向から与えられる攻撃であれば大質量のエネルギーであっても異空間に棄却する事ができ る。 この世代の兵士はまず斥候として、知的生命体がいる星に送り込まれている事が多い。 知的生命体――人と区分される種族――は姿形だけで種族の判別を行う可能性がきわめて高いからである。 事実、彼らは“リンクジョーカー”がクレイ周辺に集結する以前からこの星に潜み、解析した地形データ等を本隊へ送り続けていた。 「星輝兵」が到着した事で、彼らもまた本来の任務へと復帰する。 難攻不落の障壁群を突き崩さない限り、この戦の優劣は決して覆らない。
【星輝兵(スターベイダー)】
「虚無(ヴォイド)」の化身にして惑星クレイを脅かす侵略者、“リンクジョーカー”の先兵。 原生生物を調査して強者のデータを収集、可能なら素体そのものを支配下に置く事を主目的とし、その過程で収集に値しないと判断された対象を消去していると みられる。 クレイには存在しない数多の技術を保有し、「呪縛(ロック)」と呼ばれる未知の力を自在に操る。


リンクジョーカー 星輝兵センチネル

見た目からはヒューマンと言われても特殊装甲した人間程度にしか思えませんが

中身は一切そんなことはなく人間の外見的特徴を多く受け継いだ世代の兵士

比較的新しいタイプのサイバロイドらしいです

限定条件下でも一定方向に向けた攻撃を完全に防ぐ(=異次元へ飛ばす)ってのは

やはりセンチネルとしての力なのでしょうが、今までの他のユニットと比べると

ただ防いでるだけじゃないってのが厄介ですね

そしてこのユニットはクレイに潜んでいたスパイだったみたいですね

スパイとはいうものの人には存在がばれていなかったのかな?

心がない分尚恐ろしい星輝兵

最終的にただの壁としか扱われなくなってしまいそうな気もしなくないですね

グラサン(?)の下が凄く気になる...

それではまた
See you
スポンサーサイト



2013/07/17 Wed. 00:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://vanguardfightershena.blog.fc2.com/tb.php/109-634914fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)