FC2ブログ

11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

海と夜空のマナソース

7/12 今日のカード 

7/12分 今日のカード

銀の茨のお手伝い_イオネラ

銀の茨のお手伝い イオネラ

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ペイルムーン - ワービースト パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】: このユニットがカード名に「銀の茨」を含むヴァンガードを【ブースト】したバトル中、アタックがヴァンガードにヒットした時、あなたの山札から2枚まで見 て、カード名に「銀の茨」を含むカードを1枚まで探し、ソウルに置き、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。

ユニット設定
“ペイルムーン”の興業先で「ルキエ」より銀茨を賜った彼女の従僕。 念力で手を触れずに物を動かす念動力(サイコキネシス)の使い手。 人の姿をしているが、元々は亜人では無く栗鼠のような幻獣だった。 興業中に舞台裏で起きた事故によって瀕死の重傷を負ったが、「ルキエ」の気まぐれで銀茨の力を授けられ、すんでのところで一命を取り留めたという。 急に大きな魔力を持ってしまった為に元の姿に戻れなくなってしまったが、彼女自身は全く気にしておらず、命の恩人である「ルキエ」の後を公私問わずついて 回っていた。 従僕の中で最も早く主の異変に気が付き、以来警戒しながらも彼女の身を案じ続けている。 自由を奪われ無理矢理従わされる仲間達を見て涙する日々はとうに過ぎた。 だから、彼女は泣かずに待ち続ける。 優しいあの人を取り戻してくれる、まだ見ぬ勇者の到着を。
【銀の茨の従僕(シルバーソーン・サーバンツ)】
「ルキエ」より銀の茨とその力の一部を賜り、彼女に永遠の忠誠を誓った従僕達の総称。 経緯は様々で、望んで彼女に降った者もいれば、魅了(チャーム)や実力行使で無理やり従わされた者もいる。 従僕となった者は「ルキエ」と同じ系統の魔術の一端を行使できるようになるが、彼女の命令があった際はそれを最優先で実行しなければならないという制約を 設けられる。


銀の茨のお手伝い_イリナ

銀の茨のお手伝い イリナ

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ペイルムーン - ワービースト パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】:このユニットが(V)か(R)に登場した時、あなたのカード名に「銀の茨」を含むヴァンガードがいるなら、あなたの山札から2枚まで見て、カード名に「銀の茨」を含むカードを1枚まで探し、ソウルに置き、残りのカードを山札の下に好きな順番で置く。

ユニット設定
“ペイルムーン”の興業先で「ルキエ」より銀茨を賜った彼女の従僕。 従僕の中でも仕えている期間は上から数えた方が早い長寿の妖狐。 元いた国で「狐火」と呼ばれていた炎を操る能力を持つ好戦的な発火能力者(パイロキネシスト)で、当時数百年を生きる強大なエルフがいるという噂に焚き付 けられて彼女を襲ったが、あっさりと返り討ちにあう。 その後、あらゆる手を駆使して戦いを挑むも軽くあしらわれ、最後は彼女のしつこさに辟易し始めた「ルキエ」の魅了(チャーム)で混乱し、正気を取り戻した 時には彼女の従僕として契約させられていたという。 今でも彼女とは若干距離を置きがちだが、嫌悪というよりはどう接してよいのかわからないという感じの複雑な関係である。 反転した彼女に真っ先に反抗したが、強化された魅了(チャーム)に支配され、現在は彼女の命令に反する事の無い駒となっている。


可愛い可愛いお手伝いの二人組

姉妹でもなんでもないですけどケモナー好きには溜まらないでしょう

イリナちゃんがたまらないですね

ルキエの気まぐれで人型になったってのも凄い設定

元が栗鼠だったって耳を除くとあまり想像できないですね

どんだけルキエの力凄いんですか(笑)

イリナちゃんは完全にのっとられてますね...致し方ない

こうしてみると従僕でも能力によって無理やりそうさせられているのと

そうでないのがはっきりとわかりますね

そしてキーワードとなる勇者、一体誰のことなんでしょう

能力は銀の茨名称だとかかせない確認型SC

割と必須系のカードなんですよね

それに強い!

なんか新ペイル見てるとケモナーに目覚めてしまいそうですね(困惑)

それではまた
See you
スポンサーサイト



2013/07/13 Sat. 23:01 | trackback: 0 | comment: 0edit

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック
トラックバックURL
→http://vanguardfightershena.blog.fc2.com/tb.php/103-4e1beecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)